未成年の相続手続き

遺産相続人に未成年がいた場合、遺産を受け取る権利は守られますが、保護者の同意がなければ大きな手続きができない場合のように、本人は相続手続きおよび協議には参加できません。判断能力のない子供が不利益にならないためです。

その場合は、特別代理人を立てて行ないます。父親が無くなって母親とその子供に分与される場合、子供に未成年がいた場合は親戚など第三者に特別代理人になってもらいます。母親は同じ利害関係が生じるため特別代理人にはなれません。親戚や頼む方がいない場合には、司法書士や弁護士が務めることもできますが、手数料として一定の金額が生じます。

遺産相続手続きはまずどこから?

遺産相続手続きですが、まずはどこから手をつけていいのかさっぱりわからないですよね。そんなにやる機会がない方がいいことでもありますし、実際に自分で勉強したことがあるという人もそんなにいないのではないでしょうか?ではどこから手をつけるべきなのか勉強していきましょう。

最初にやらなければならないのが市役所へ死亡届を出すことです。こちらは故人が亡くなってkら7日以内に提出しなければならないため、できれば都合をつけて翌日にでも行って手続きをするべきです。またお葬式や、お通夜についても同時進行で手分けして進めていきましょう。

遺産相続手続きを楽にするために

遺産相続手続きは、慣れていないと煩雑な作業に追われ、苦痛になります。そのような事態にならないように、日頃から家族と話題にしておくことが大切です。特に親と離れて暮らす場合は、話ができる時が限られています。家を次世代につないでいくためにも、日常的に話しておきたいものです。

全国で登記が進まず、空き家が増えています。子供が遠くで暮らしている場合、登記をせずに何代も前の持ち主のままであることもあります。空き家は獣のすみかになったり、災害後の街作りの足かせになることもありますので、注意が必要です。最近は空き家バンクを活用して、貸すことも可能です。

専門家のサポートが必要な遺産相続手続き

誰もが経験するであろうことに遺産相続があります。遺産相続についてはさまざまな人が関わる可能性があり、遺産の内容によっては非常に煩わしくなってしまう可能性もあります。そのようなことを自分たちで一つ一つ対応していく事は非常に大変であり、時間もかかってしまうことでしょう。

また、トラブルなどが発生した場合には、親族との関係性まで危ぶまれてしまうことでしょう。そのようなトラブルを避けていくうえでも、遺産相続手続きは、専門家である弁護士や司法書士などの法律家達のサポートを得ることが、一番いい方法であることでしょう。

遺産相続手続きをすすめる

遺産相続手続きをすすめることについては、多くの人が経験されることでしょう。このようにニーズが高いことから、遺産相続を専門としている法律事務所は数多く存在しています。この法律事務所が他の事務所と異なる事は遺産の相続を得意としていることだけでなく、さまざまな法律家が所属していることです。

遺産相続手続きについてはさまざまな内容が必要となってきますので、弁護士だけでなく司法書士や行政書士、税理士など一通りの法律家が在籍するようなことも珍しくはありません。そのようなことがあげられますので、遺産相続に長けている事務所に依頼するようにしましょう。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。