未成年の相続手続き

遺産相続人に未成年がいた場合、遺産を受け取る権利は守られますが、保護者の同意がなければ大きな手続きができない場合のように、本人は相続手続きおよび協議には参加できません。判断能力のない子供が不利益にならないためです。
その場合は、特別代理人を立てて行ないます。父親が無くなって母親とその子供に分与される場合、子供に未成年がいた場合は親戚など第三者に特別代理人になってもらいます。母親は同じ利害関係が生じるため特別代理人にはなれません。親戚や頼む方がいない場合には、司法書士や弁護士が務めることもできますが、手数料として一定の金額が生じます。