生前の遺言書作成について

死後の遺産分割の際に、遺族での争いを避けるという意味合いからも生前に遺言書作成を行っておくことは非常に重要です。では、作成に当たっての注意点はどのようなものがあるでしょうか。
まず「自筆遺言証書」か「公正証書遺言」のどちらを作成するかです。自筆遺言の場合はすべて手書きが必要であることや、遺言書として有効になるための条件を満たさなければ無効となります。公正証書遺言であれば公証人の立ち合いのもとに作成することになるため、後のトラブル考えると後者を選択しておいた方が無難かもしれません。ともあれなかなか自身ですべての要件を満たして作成するということはよほど知識がない限りは困難であることからも専門家に相談するのがベストかもしれません。