相続のための遺言書作成時のコツ

遺産相続のために遺言書作成をしておくと、後の遺族間のトラブルを未然に防ぐことができます。遺言書作成は原則として15歳以上なら誰でも行え、自分で書くことも可能です。
ただし、法的効力を持った遺言にするためには、一定の要件を満たしたものでなければなりません。もし一定の要件を満たしていない遺言だと、法的な効力を持たなくなってしまいます。しっかり法的効力をもった遺言を書きたいのであれば、弁護士などに依頼して書いてもらうといいでしょう。
書いた遺言書は、どこかに保管しておく必要がありますが、銀行の貸金庫や、信頼できる人に預けておくなどの方法があります。