相続手続きと実印

相続手続きと実印について、相続の手続きを行う際には、実印が必要となってくることが多いです。

これは、相続で扱う金額がとても大きい場合などに該当し、また同時に、相続の手続きの際には、印鑑登録証明書などで登録した印鑑が使われることが、大変に多いため、どうしても上記のように、正式な印鑑が必要となってくるケースが圧倒的です。

これは、自分が相続の手続きを行わない場合であっても、例えば代表者がお兄さんであって、自分は受け取るだけ、というような場合でも、上記のような理由から、正式な印鑑が必要となってくるのです。