相続手続きと実印

相続手続きと実印について、相続の手続きを行う際には、実印が必要となってくることが多いです。

これは、相続で扱う金額がとても大きい場合などに該当し、また同時に、相続の手続きの際には、印鑑登録証明書などで登録した印鑑が使われることが、大変に多いため、どうしても上記のように、正式な印鑑が必要となってくるケースが圧倒的です。

これは、自分が相続の手続きを行わない場合であっても、例えば代表者がお兄さんであって、自分は受け取るだけ、というような場合でも、上記のような理由から、正式な印鑑が必要となってくるのです。

遺産相続手続きについて知る

遺産相続手続きについて知らない人も多いことでしょう。遺産の内容は故人の所有していた財産になりますので、一つとして同じものはありません。そのことから遺産相続をおこなう際には、気をつけなければいけない点はさまざまあります。遺産の内容によっては、なかなか自分たちだけでスムーズにおこなうことが、できないケースもあるかも知れません。

そのようなことを考えると、遺産の相続を熟知している専門家のサポートは必須でしょう。弁護士であれば裁判所などの場合においても対応は可能ですので、災厄を考えて依頼してもいいでしょう。

遺産相続手続きはどういった資料が必要?

遺産相続手続きに必要な書類は内容がよくわからないけれど、沢山ありそうだなと思いませんか?一つでもかけてしまうと正しい遺産相続手続きができませんのでしっかりと計画的に準備をする必要があります。まずは市役所に行って必要な書類を取り寄せましょう。

市役所は平日の17時くらいまでしか窓口が受付していないので、働いている人が行くには休みをとって行かなければなりません。何度も休む訳にはいかないと思いますのでしっかりどういった書類が必要なのかメモにまとめていきましょう。この時に書類の取り寄せにはお金がかかってきますので、ある程度お金を持っていくことを忘れないようにしてください。

遺産相続手続きではじめにすること

遺産相続手続きで初めにする事が、死亡届の提出になります。これは7日以内に提出する事が義務づけられています。死亡届を提出すると火葬埋葬許可証をつくってくれます。そこからなのと思う方もいると思いますが、被相続人が死亡する事によって、相続が発生する事を考えればこの流れは当然だと思います。

まずは葬儀をして、埋葬して落ち着いたころに、形見分けをしたり、遺言書の有る無しを確かめる事になります。法定相続人が誰であるかをしっかり把握する事も大事です。どれだけの財産があるかの把握が必要ですが、借金、負債を把握する事も大切です。

遺産相続手続きを進める

遺産の相続の内容には期限が定められているものも多いですから、遺産相続手続きを早めに終わらせたい人も多いことでしょう。しかしながら、遺産分割協議などで遺産の分け前をきちんと決めない限りは時間がかかってしまう可能性もありますので、手続きを進められず困っている人も多いことでしょう。

特に現代においては共働きの世帯も多く、忙しい家族が多いですので対応するのに時間がかかってしまうことでしょう。できる限り時間をかけずに遺産相続手続きを進めたいのであれば、法律家に進行を依頼することで迅速な対応を進めてもらえることでしょう。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。