相続手続きと税務署

相続手続きと税務署の関係ですが、相続税そのものは申告制なので、一定の期間が経過してから税務署から通知が来て対応するというものではありません。
相続財産を集計し、相続人を確定し、法で定められた範囲(3000万円と相続人一人につき600万円の合計額)を超えなければ、何の手続きも必要ありません。
一般的なケースではほとんどありませんが、時には問い合わせが入ることもあります。そのときは、「法定の範囲内でしたので、申告する必要はありませんでした」とお答えすれば済みます。万が一、説明に出向くことになったら、集計した財産計算書と法で決められた範囲の計算書を持参して説明すれば、大丈夫です。