相続相談、公証人役場を利用してみませんか

公証人役場、という言葉に耳なじみが無い方は多いでしょう。しかし、相続相談を考える上では、知っておいた方が良いかもしれません。それでは、この二者にはどのような関係があるのでしょうか。それは、遺言書を書くときです。有効な遺言書というのは、沢山の条件をクリアする必要があり、素人判断で作成するのはかなり難しくなります。

そこで、公証人役場へ出向きます。ここには、公証人という、法務省から“公証人”として任命された、実務経験を有する法律事務家がいます。この公証人という専門的な第三者を介してつくられるのが、公正証書遺言です。手間や費用はかかりますが、専門家が立ち会ってくれますので、より確実に有効な遺言書を残すことができます。

遺留分に気をつけて遺言書の作成を行う

遺言書を作成するにあたっては、さまざまなことが注意点としてあげられますが、トラブルの一つとしてあげられるのが遺留分でしょう。遺言書作成時に気がつき、十分な内容を記載できればいいのですが、残念ながらそのような事態にならないケースもあります。

その際には法定相続人が遺留分減殺請求を起こすこととなりますので、弁護士に依頼をおこなうことで実現することができます。作成をおこなっていくにあたって、不安や疑問が少しでもあるような場合においては、弁護士などの法律家のサポートを受けて作成をおこなうようにしましょう。

遺留分の措置を考えよう

将来的に、遺留分を受け取っていないことのトラブルが起きてしまう可能性もあります。トラブルが起きてしまうようなら、思っていた状況と違う環境になってしまい、あまりいいように感じなくなるでしょう。少しでも安心できる状況を作りたいなら、遺留分についても分割でしっかり考えましょう。

遺言書に掲載されている情報が、1人に対して全て支払うとなっていた場合でも、分割する部分が用意されることも知っておきたいところです。わからないなら弁護士に見てもらうなどして、遺言書の方針について理解していくことも大事です。特に作成に携わった人ならわかっています。

遺留分と遺言書の内容について

遺言書を作成するにあたっては、作成者である被相続人においてはさまざまなルールに気をつけ、作成をおこなっていくことが予想されます。しかしながら、遺言書の作成が不慣れなケースもあることでしょう。そうなった場合においては、何らかの内容の不備が起こってしまったとしても、当然のことでしょう。

こうしたことを防ぐために、弁護士などに作成のサポートを依頼する必要性がありますが、中には自分だけで作成するようなケースも少なくはありません。そういった際には、遺留分などに十分注意し、対応をしていくことが望ましいでしょう。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。