相続相談は家族間での争いがほとんど

相続が発生すると、通常亡くなった人(被相続人)が遺した財産は、子供や配偶者といった法定相続人が引き継ぐことになります。その際、遺言などが遺されているのであれば、その遺言通りの分配となりますので特に問題は発生しません(遺留分などの問題が発生する場合はあります)。
しかし、遺言が無い場合には、法定相続分で分配する、あるいは遺産分割協議という話し合いによって遺産の分配割合を決める必要があります。この遺産分割協議が一番相続問題の発生する原因であり、相続相談で最も多いケースとなっています。
いくら家族とはいえ、お金が絡んでしまうと争いの基となってしまうのです。この家族間での話し合いがまとまらなければ相続手続きの一切が出来なくなってしまいますので注意が必要です。