相続相談は家族間での争いがほとんど

相続が発生すると、通常亡くなった人(被相続人)が遺した財産は、子供や配偶者といった法定相続人が引き継ぐことになります。その際、遺言などが遺されているのであれば、その遺言通りの分配となりますので特に問題は発生しません(遺留分などの問題が発生する場合はあります)。

しかし、遺言が無い場合には、法定相続分で分配する、あるいは遺産分割協議という話し合いによって遺産の分配割合を決める必要があります。この遺産分割協議が一番相続問題の発生する原因であり、相続相談で最も多いケースとなっています。
いくら家族とはいえ、お金が絡んでしまうと争いの基となってしまうのです。この家族間での話し合いがまとまらなければ相続手続きの一切が出来なくなってしまいますので注意が必要です。

遺言書作成を行う際の遺留分について

遺言書作成と聞くと資産家がおこなうようなイメージがありますが、ライフスタイルが多様化する現代においては作成する人も増えているようです。一見手軽に作成できるようにも思える遺言書ですが、作成に関してはルールや方式などがありますので、そのことを考慮し作成をおこなう必要があります。

特に遺留分などについては、法律に定められた取り分がありますので、そのことを計算する必要があります。守らなければ無効になってしまうようなことも考えられますので、そのような事は避けるべきと言えるでしょう。不安があるようであれば、法律家や専門家のサポートを得て作成すると良いでしょう。

遺言書作成するにあたっての遺留分

遺言書を作成するにあたっての遺留分に関しては、注意事項としてあげることができるでしょう。この遺留分に関して言えば、法律で定められている法定相続人において、与えられている資格になります。万が一、遺言書がその資格を無視した場合においては、その遺言の内容については無効になってしまうことがあげられます。

そうなってしまいますと、作成していく意味合いがなくなってしまいますので、十分な注意が必要であると言えるでしょう。ちなみに作成するにあたっては、多くの法律家や専門家がサポートすることができますので、安心して作成ができることでしょう。

遺言書には全く知らない遺留分を適応する

全額渡すと書いてあったとしても、それは誰がどれくらいの金額を受け取るかはわからないものとなっています。当然問題となるような状況が多く生まれていくようになりますので、遺言書には必要な部分までしっかり検討していきたいところです。

遺留分がとても問題になりやすい要素になりますので、少しでも多くの金額を支給する場合でも、遺留分の検討は行ってください。遺言書に書かれない傾向は多くなっていますが、それは書かなくても問題ないケースが多くなっているからです。実際の分割の際には、よほどのことがない限り色々と考えられます。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。