相続税お尋ねが届いてトラブルに

ある程度以上の土地や資産を持っている方が亡くなられた時に、相続する際に相続税の対象になる可能性がある法定相続人に対して、税務署から相続税お尋ねが届く場合があります。そもそもこの書類が届く場合には、亡くなられてからしばらく時間がたっても相続の申請をしていないことが考えられます。
よくありがちなケースでは、亡くなられた方を介護していたなどの場合で、相続の金額が家族間で折り合わない場合が考えられます。話し合いで決着すれば問題はありませんが、どうしても解決しない場合には裁判などで金額を決めなければなりませんので、その場合は弁護士に相談する必要があります。