相続税お尋ねが送られてたら弁護士に相談しよう

税務署はKSシステムを用いて情報を共有しているため、相続税申告書や相続税お尋ねを相続人の代表者に送ってきます。相続があった場合には相続税を支払わなければなりませんが、法律について詳しくない人はどのような対応をとればよいのかわからないでしょう。しかも、相続税を支払わないと追徴課税や重加算税が課せられるため、無視しているととんでもないことになります。
そのため、これらの書類が送られて来たら弁護士に相談す寮にしましょう。特に、税法について詳しい弁護士であればきちんとした対応をしてもらうことができるので、不測の事態に陥ることはなくなります。