相続税税務調査に関する裁判

相続税を申告した後で、税務署や国税庁が相続税税務調査に訪れることがあります。
税務調査の結果により、税務署が相続税の修正申告や追徴課税を求めてきた場合、課税額に納得がいかなければ相続人は即座に応じる必要はなく、異議申立てや審査請求などの方法により、不服申立てを行うことができます。
不服申立てに対する裁決があった後で不服があれば、定められた期間内に裁判を起こすことができます。裁判や訴訟に関しては、弁護士に依頼するのが一番です。弁護士は専門知識も豊富で、法律に沿って的確に相続人をサポートしてくれるので不安になることなく進めることができます。