相続税税務調査への弁護士相談費用

亡くなられた人の財産は法律によって定められた相続人たちで分けられて受け継がれていくことになります。ただし、遺産を相続人同士が分け合っただけではこの相続というものは完結するわけではなく、貰った遺産に応じて相続税というものを国に納めなくてはなりません。
ただし、相続が発生したからといって必ずしも相続税の対象となるのではなく、一定の金額以上の相続を行った場合に限り相続税の申告、及び納税の義務が生じます。そのため、将来的に相続が発生するようなときには相続税対策について弁護士へ相談をしておくのがベストです。万が一、相続税の申告に間違いがあった場合、相続税税務調査が入ってしまうこともあるからです。