遺産分割協議

遺産分割協議については、遺産相続が発生した際、公平な分配が行われるための話し合いとして認識されています。決定された内容事項に関しては、書面に記載された上で保管されるケースもあり、公証役場や裁判所の介入が必要となることもあります。

どうしても解決に至らない場合など、法律に基づいた対処が必要とされることもあり、個人的に弁護士へ相談を進める方も多いものです。どのように対処すれば良いか分からない問題に対して、敵背悦なアドバイスが受けられるようになる他、どうしても大きなトラブルへと発展しがちな問題に関しても、速やかに対処できます。

遺産分割協議によって守られる分配権利

遺産分割協議は、遺産の相続手続きが発生する場合において、公平な遺産の分配方法を決定させるための話し合いの事が言い表されています。未成年の方や、障害を持つ方など、本来ならば話し合いに参加できない相続対象者についても、一人ひとりの権利が守られており、どうしても決定に至らない場合には裁判所の介入が必要とされています。

また、故人的に弁護士への相談が勧められるケースもあり、トラブルの発生しがちな遺産相続の問題について、的確な対象方法が見出せえるようになります。無料での相談業務も受け付けられており、速やかな解決を目指したいものです。

遺産分割協議が難航した場合

残された財産を遺族で分け合うために、遺産分割協議をします。遺言書があれば基本的にはそれに従いますが、遺留分が無視されていたり、分配内容に納得のいかない人がいた場合には、相続権を持ったすべての人物が同意するまで話し合います。

親族が多く、相続権を持っている人が多数存在する場合や、被相続人が離婚をして子供がいた場合など、素人判断が難しい場合は話がこじれることもあります。当人同士の話し合いが難航している場合には、弁護士に立ち合ってもらって公平な分配を提案してもらいましょう。血縁関係はもちろんとして、被相続人に長年介護をしていたなどの事情が加味されることもあります。

スムーズに進めるための遺産分割協議

遺産相続の手続きが行われる際に進められる遺産分割協議は、遺産の分配が公平に行われるようにするための話し合いのことです。家族同士で会ったとしてもトラブルの起こりやすい問題に関して、全員での賛成がなされなければ内容決定がされません。

また、障害を持つ方や未成年の方など、話し合いの場に参加できない方の権利も守られており、決定された内容に関しては書類に記載され、保管されるケースもあります。どうしても話し合いが進められない場合などにおいては、裁判所の介入が必要となり、客観的な判断や決定が下されることでの解決が目指されます。

遺産分割協議書の基本

遺産分割協議書というのは、誰がどのように財産を相続するのか、遺産分割協議によって決定した内容を記載している書類のことを指します。作成は義務付けられているわけではなく、法定相続分や遺言書によって遺産分割をおこなう場合は不要です。協議をおこなった場合でも、基本的に作成する義務はありませんが、後々のトラブルを避けるためには必要といえます。

また、相続税の申告や財産の名義変更などで、各機関から提出するように求められるケースもたくさんあります。このため、協議をおこなった際には、きちんと協議書を作成しておくことが無難です。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。