遺産相続手続きはいつまでに行えば良い?

もし親の遺産などを相続した場合、遺産相続手続きにはいつまでにという明確な手続き期限はありません。あえて言うなら相続税の申告期限が該当しますが、この期限も相続のあった日の翌日から10ヶ月以内に行えばよいことになっています。

ただ、いつ相続を行ったかという明確な立証は難しいため、税務署などは被相続人が亡くなって相続が発生した時点から10ヶ月過ぎると期限が過ぎたとみなします。不服申し立てをするためには費用や時間もかかり、様々なトラブルの原因にもなってしまうので、相続をした際にはできるだけ早く手続きを終わらせることが大切です。

遺産相続手続きで残されたものを手に入れる

せっかく残されているものですから、自分のために利用していくために、遺産相続手続きを行ってください。行わない場合は、受け取る資格を喪失する形となり、放棄しているものと同じ扱いが行われます。放棄する場合は、手続きをしていれば問題ないと言われますが、実際には受け取れるものに何も行っていないと判断される場合も放棄扱いになります。

遺産相続手続きが必要となっている場面と、そうでない場面をしっかりと考えていく必要があります。色々な問題点を残しているのは間違いないですが、方針はしっかりと考え、実施するようにしてください。

早めが鍵の遺産相続手続き

遺産相続手続きにおいて、最も重要なのが早めの手続きとなります。その理由は、相続手続きには各申請項目で期日が設けられています。それによって、期日を過ぎてしまうと手続きができなくなってしまうので、早めに手続きを行うことが必要となってきます。

それに、相続人が遺産分割を行う場合にも、時間が掛かってしまうことから、早く準備を進めて迅速に行うと遺産が相続できないとなってしまうのを防げるでしょう。安心して遺産を相続したいのであれば、早めの手続きを行うことが鍵となってきます。期日や必要な書類を調べておくことで、万が一手続きをする場合に役にたちます。

遺産相続手続きは亡くなった時から始まっている

遺産相続手続きと言えば、被相続人が死亡したときから始まっています。相続手続きの手続きに時間があって余裕を持っていると、実は被相続人に借金が残っていたり、早めに手続きを行わなければ、自分に損害が出る場合もあります。

借金が残っているときは、相続を放棄することによって、被害はなくなりますが、相続人が早めの手続きを行うことによっても防げます。亡くなってからの悲しみに浸って、相続手続きを行えないという場合には、専門家に依頼して代理で、手続きを行ってもらうこともできます。いずれも、早めの手続きをしましょう。

速やかに確認しておくべき遺産相続手続き

葬儀を終えて故人との別れが済んだら、被相続人で財産の分配を行います。遺産相続手続きで気を付けておきたいのは、不動産などの財産だけではなく、借金も含まれるということです。他の遺産で相殺できればよいですが、個人では返しきれないほどの額の借金が見つかるケースもあります。借金をはじめとした負の遺産は、放棄することが可能です。

期間内に手続きを行わないと相続したとみなされてしまうので、早めに調査しておく必要があります。個人で借金の有無を調べるのは手間も時間もかかりますし、法的な手続きも必要となりますので、弁護士へ一任するのが解決の早道でしょう。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。