遺留分はなんでこういう制度ができたの?

遺留分という制度はどうしてできてきたのでしょうか?例えば遺書に「愛人の○○に全ての財産を譲る」と記載があったとします。この時に遺留分という制度がなければそのまま全て愛人のもとに全財産が渡ってしまうことになります。

しかしそれでは残された家族は?生活は?今まで面倒を見てきたのも自分たちで、治療にかかった費用なども全て自分たちで手配したのに・・・となった時に全てが全く知らなかった愛人にもってかれてしまっては怒りの行き場がないですよね。そういった状況を防ぐ意味もこめてこちらの制度ができあがってきたと言われています。

遺留分 は兄弟姉妹にはありません

遺留分があるのは、配偶者、子供、直径卑属です。相続欠格者、相続人排除の扱いを受けたもの、相続放棄をしたもの、には請求権がありません。相続欠落の理由は、故意に被相続人を死亡に至らせたもの、相続人同順意にあるものを死亡に至らせたもの、至らせようとして刑に処せられた者、被相続人が殺害されて事を知りながら告発しなかったもの、詐欺または脅迫によって、相続に関する遺言をさまたげたもの、相続人の遺言書を偽造、隠匿した物、これらは相続欠落になります。相続人排除は被相続人に対する虐待や侮辱、飛行などによって排除されたものです。

遺留分を考えたうえでの遺言作成

遺言書を作成することを決めても、はじめての場合には書式から迷ってしまうことも多いことでしょう。遺言書を作成するにあたって、諸々の決まり事はもちろんのこと、種類もいくつかありますので、どの種類で作成するかを決める必要があります。大前提として遺留分を考える必要があります。

この遺留分を考慮し作成されていない場合には、遺言書が無効になってしまいますので注意しなければいけません。遺産の計算方法などむずかしい部分がありますので、確実に制作したいのであれば法律家に遺言書の内容を確認してもらうようにしましょう。

遺言書の遺留分を考える

遺言書作成においての遺留分を考える事は、遺言書を作成していくなかで必要なことであります。このことについては、法律で定められている権利となっているため、遺言書の作成者であってもくつがえす事はできません。遺留分を間違えてしまうようですと、無効になってしまうことがあげられますので、遺言書の作成時には慎重におこなわれることが望まれています。

専門家にサポートを受けることで、無効にならずにより良い遺言書を作成できるといいですね。遺言書作成であれば、多くの法律家が受付可能ですので、法律家も探しやすいことでしょう。

遺留分って一体何なの?

遺留分という言葉を知っていますか?あまり一般的に耳にする言葉ではありませんが、知らない方がある意味良いのかもしれません。しかし自分がもしその立場になった時に役に立つかもしれませんので、覚えていてそんな単語ではありません。遺産相続の際には基本的に遺言書が最優先されることになります。

しかし遺書に親族に関する相続に関して何も記載がなかった時に、相続した人に対して自分が本来もらえるはずの遺産を請求することができるという制度です。あまり使用する機会があると思いませんが、この事実を知っている際には故人がなくなってから1年以内、知らなかった場合には10年間であれば請求をかけることができます。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。