遺言書作成と遺産分割協議の費用

遺言書を作成する際には自分で作成する場合と、弁護士などに依頼して作成してもらう場合があると思いますが一体作成にはどれくらい費用がかかるのでしょうか?自分で作成した場合には作成料は0円です。ただし保管が自分の家だと不安だという人は依頼することになりその費用は1年で5000円程度が相場と言われています。

また作成費用ですが平均で15万円と言われています。このように遺言がきちんと残されている場合には遺産分割協議は行われることがないので、遺言を残す側としても特に弁護士さんなどを別途立てておく必要がありません。専門家に依頼した方が遺留分の問題などが少ないでしょう。

遺産分割協議って遺言書よりも優先されるの?

遺産分割協議の、遺産相続手続きにおける立ち位置は一体どのようなものなのでしょうか?遺言書よりも優先されるものなのでしょうか?基本的に遺言書に対してなにか意見や請求をすることができるのは遺留分という制度だけになります。遺産分割協議は、遺言がなかった場合に、権利のある人たちが、遺産を分配するための協議になります。

最後には書面を残しておく必要があり、参加した人たちはその書面に「この内容で問題ありません」という印鑑を押してそれぞれ1枚ずつ保管しておきます。弁護士と通す必要は特にありませんので、親族間だけでの手続きが可能です。

遺産分割協議や遺言書…遺産相続手続きの種類について

遺産相続手続きには一体どういった手続きがあるのでしょうか?まだ20代、30代の人たちはあまり自分と関係がないと思われるかもしれませんが、いざという時から勉強を始めたのでは間に合いません。そのためにも事前にある程度の知識はもっているようにしましょう。もし親が亡くなってしまったら聞くこともできなくなってしまいます。

まず覚えておく単語としては①遺産分割協議②遺言書の取り扱い③遺留分といった所でしょうか?この中でも遺言書はよく聞く言葉でもありますが、遺産分割協議や、遺留分に関してはあまり聞いたことがない人の方が多いかもしれませんね。

遺産分割協議を行わないようにするなら遺言書

もし自分が死んでしまった後に親族間でトラブルなどに発展させてたくないなと思っているのであればきちんとした遺言書を残しておくべきです。もし遺言書が残されていなかった場合には遺産分割協議を行うことになり、もし仲があまりよろしくないような関係の場合には後を引くトラブルに発展してしまうことがあります。

遺言を残していたとしても遺留分などで問題は起きるかもしれませんが自分がこうしたいと考えているということを残しておくことが大切です。縁起がないのでできれば事前に書きたくないと思っている人もいるかもしれませんが、残された人たちのことを考えてきちんと残してあげてください。

遺産分割協議と遺言書はどういう関係なの?

遺産分割協議と遺言書の間にはどういった関係があるのでしょうか?そこまで深い関係はなかったりするのでしょうか?基本的に相続手続きにおいては遺言書が最優先されます。(これに対抗できる制度として遺留分という制度がありますが)しかしもし残されていなかった場合には誰がどの財産をもらい受けるのかをみんなで決めなければなりません。

その決めるための話合いのことを遺産分割協議といいます。こちらは遺産相続権利のある人全員で行わなければならないもので、誰か一人かけていたとしてもやり直しになってしまいます。それくらい大切な協議なのです。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。