遺言書作成に使う用紙に規定はある?

遺言書作成に乗り出す際にまず最初の疑問となるのが「そもそも何に書けば良いのだろうか」ということですが、遺言書に使用する用紙については特にこれといった規定はありません。
普段使っているノートや手近にあったコピー紙でも良いですし、極端な話をすればチラシの裏でも遺言書としては認めてもらうことが出来ます。

ただ何でも良いとは言ってもそれだと判断がつかないでしょうから、基本的には「長期保存しても劣化しづらく、書いた文字が滲まないものを選ぶべき」と考えると良いでしょう。
例えば手紙に使う便箋であればそれなりに保存ができますし、またしっかりとしたものであれば上質紙も適しています。
遺言書となるとその人の最期の言葉なわけですから、見栄えも考えて最も満足できるものを使いましょう。

遺言書作成は個人でもできる

1人でも知っているなら、そのまま手続きをしても大丈夫です。遺言書作成は、個人でも行えるようにしているので、特別何かをしないといけないというわけではありません。問題なく終わらせることができれば、誰の力も借りること無く行える方法ですから、遺言書作成は個人でもできるものと考えてください。

将来的な部分をしっかりと考えるようにして、問題なく終わらせることが大事になりますが、何か確認できる部分をしっかり作るようにしてください。ネットを活用できる場合は、ネット上にある情報を多く仕入れるようにして、問題が起きないようにします。

遺言書作成を行ったら封筒へ

ただ紙に書いているだけでは、最終的に劣化して読めなくなってしまったり、どこに入れていたかわからなくなります。遺言書作成が終わって、効力があるものとして認められている場合には、封筒に入れて保管するようにしてください。封筒に入れているだけで、失くす心配がある程度減らせるようになります。

遺言書作成を終わらせた場合には、どうしてもそのまま保管してしまいがちです。しかし隠すべき要素などもしっかりありますし、どこに入れたかわかるようにしていないと大変です。封筒に入れておくのは、失わないためには大事なことと考えてください。

遺言書作成の依頼は弁護士に向けて

代行というわけではありませんが、確認や指導を行ってくれる要素を考えると、遺言書作成の依頼を出せるところをしっかり考えて行動したいものです。考えていく方法によって、遺言書作成のスピードが変わってくる場合もありますので、とにかく失敗したくないと思っているならいいところで手続きをしておくのです。

作っていく遺言書の間違いを直して、安心できる状態にしてくれるのはいいことで、何度も失敗した遺言書を捨てることがなくなります。この方法を取るためには、弁護士に依頼を出すようにして、安心して確認できる状況を作っておくのです。

正しい遺言書作成ができればすぐ終わる

何度も失敗していると、当然ですが時間はかかってしまいます。思っていた以上に時間がかかって、こんなに作成しないと駄目なのかと思ってしまう場合もあります。そうした失敗を減らせるように、事前の準備と指導をしてくれる人の存在は大事になっています。

色々な依頼を出せる弁護士にお願いすると、遺言書作成についてもわかってくれるので、作成する時間が大幅に減らせる可能性もあります。長時間作っていくよりも、短時間で終わるような状況を作れることが望ましく、大きな失敗を減らしていけるような状況を作れることが大事なのです。

相続手続き、遺言書作成、遺留分の相談、遺産分割協議はお任せください

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫、大阪の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。