タグ: 司法書士

争いになる前に司法書士に相談する遺言書作成

家族の間で壊れてしまった関係を修復するというのは簡単な事ではないでしょう。

相続に関する問題は、すでに争いになってしまってから司法書士に相談するのではなく、相続について何も問題が発生していない間から司法書士に依頼して遺言書作成しておく事をおすすめします。

生きているとどんな事があるか分かりませんので、高齢になってから相続問題に取り掛かろうとするのではなく、遺言書作成などは時間がある時に早めに取り掛かっておく方がいいでしょう。

何もない間は、お金がかかるという事や時間がない、手間がかかるなどという理由でつい後回しにしてしまう事もあるかと思います。後になって後悔しないよう早めに司法書士に相談し、遺言書作成をするなどして取り掛かってみてはどうでしょうか。

人によっては時間がなく、とにかく少しでも早く司法書士を話したいという人もいるでしょう。たとえ、祝日が続く大型連休の最中や、もしくは夜間であったとしても、電話であれば対応してくれる所もある様です。

また、早期の法律相談が必要だと思っても、相談先としてふさわしいと思われる司法書士を見つける事をしないといけませんね。

早く着手する事は大事ですが、過度な焦りは逆効果となる事もあります。借金相談や相続の遺言書作成など司法書士が必要だという人の中には、とても困っている人もいると思いますが、落ち着いて対応したいですね。

いい司法書士にたどり着く事さえできれば、司法書士が着々と問題に対して対処してくれる事だろうと思います。

指定された書式で遺言書作成

遺言書作成は自分ひとりで進めるよりも、信頼出来るプロの方と二人三脚で進めたいものです。

法律に関する知識がない一市民が、遺言書作成を進めると、指定された書式になりません。指定通りのフォーマットでなければ、いわゆる法的な効果が発生しません。

せっかく相続について、厳密な計画を立て、それを書面に記しても法的な効拘束力がなければ、円滑な遺産相続がなされませんので、遺言書作成のいろはを弁護士や司法書士などにコーチングしてもらいながら、一から作業を進めましょう。

作成の後、その書類を封筒ごと預かってくれるサービスもありますので、信頼出来る第三者にお任せすれば、より客観的な財産分与が出来ます。

相続税と相続相談を扱う弁護士や司法書士

中には相続や相続税の方法が知りたいという事で、弁護士や司法書士などの法律家の所に来る事もありますが、弁護士や司法書士は相続税の手続きを行う事はできないので、やはり税理士というその分野のプロにお願いする様にしたいですね。

しかし、相続税については扱えなくても、遺産相続相談について司法書士や弁護士はおおいに力を発揮する事もあります。

遺産相続もしくは相続税については、弁護士や税理士、または司法書士など得意分野が違います。

まず自分が相談したい相続税などの内容を明確にします。そして、その相談内容であれば、弁護士でいいのか司法書士なのか税理士でいいのか確かめる様にしたいですね。そして、ようやく法律事務所探しに取り掛かる事で、ふさわしい事務所を見つける事ができるでしょう。

紛らわしい相続は司法書士へ

常にシンプルなケースだけではない相続は、非常に複雑であったり、紛らわしい場合もあります。ですので、紛らわしい相続は司法書士に相談してお手伝いしてもらう様にしたいですね。

相続において、困難な状況になっている問題でも司法書士が実力を発揮する事で、解決に導くケースもあります。

相続が無事にできる自信がない場合、家族と上手くいっていないなどという事があれば、司法書士に助言をもらうのもいいでしょう。自分から家族に相続の話をするのと、司法書士が家族に話をするのとでは、異なる事もあると思います。

困った時の司法書士ですので、気になっている事があれば、どうしたらいいのかアドバイスをもらいたいですね。

少額と思われる相続についても相談

遺産となるお金がたくさんある場合には、かなり慎重に相続手続きを進めている事が多く、もちろん司法書士や弁護士などの専門家に相談しながら、丁寧に進めているという人も多いみたいですね。しかしながら、大金ではなく少額だと思われる相続についても、揉める場合には揉めてしまう事もあるそうですので、念のために、司法書士や弁護士などの専門家に相談に乗ってもらいながら行っておく方がいいかもしれません。

相続で一度問題が発生すると、後で専門家に相談しても、なかなか元通りにするという事も難しいと思います。ですので、相続関連のトラブルを回避するには、問題が発生する前に司法書士や弁護士などの専門家に相談して力を借りる事ではないでしょうか。少額と思われる相続についても相談したいですね。