タグ: 相続の手続き

残された家族がすべき相続手続き

自分がいなくなった時に、残された家族が相続手続きをしないといけませんが、相続について話し合う段階において、意見が一致しなかったりする事もある様です。家族が相続の手続きで大変な事にならない様にするためにも、遺言書を作成しておき、家族の負担を減らしたいですね。

自分の遺産のために家族が顔も合わせられないほど、険悪なムードになるのは悲しいですね。きちんと相続するための遺言書作成をしておき、法的に効果を発揮する物であるか確認をしたいですね。

相続手続きをすべて家族に任せるのではなく、手続きが楽にできる様に生前に対処しておきたいですね。今きちんとしておくと、家族は手続きを楽に済ませる事ができるでしょう。

相続手続きは少額でもチェック

少額の遺産だから相続手続きはしなくても大丈夫だと、自分勝手な判断をしないで、一旦はチェックしてみることが大切です。後からわかると追徴だけでなく、延滞税も納めなくてはならないからです。

まずは、故人名義の財産総額を計算して、相続税の対象となるかどうかの確認です。基本的には3000万円と、相続人一人当たり600万円で算出し、総合した金額が財産よりも下であれば大丈夫です。ギリギリか少しオーバーするときは、税務署に出向いてマニュアルいただくといいでしょう。

たとえば土地の金額は、路線価で評価しますし、形状が正方形か長方形でなければ評価が下がります。いずれにしても、相続手続きは少額でもチェックすることをおすすめします。

相続手続き完了までの日数はケースバイケース

一口に相続手続きと言っても様々ですから、その完了までの日数がどのくらいかかるかといことは、ケースバイケースということになります。
銀行の預貯金の相続完了ということであれば、1週間から2週間くらいで済みますが、これとて相続人が複雑に絡み合っている場合は、権利の確認などで結構な月日が必要になります。
不動産の登記までとなると、さらに2週間ぐらい見ておく必要があるでしょう。
いずれにしても、スタートは相続人の特定ということになるので、戸籍謄本など事実を確認できる書類を持参して、銀行や司法書士に相談することが早道となります。

相続税お尋ねは忘れた頃に来る

相続の手続きも無事に終わったし、何も心配する事はないと思っている矢先に相続税お尋ねが届けられているという事もあるみたいです。

相続税お尋ねは納税をしなくていい人の家に届く事もありますが、もし相続税お尋ねが届いているのを発見した時には要注意ですね。相続税お尋ねは数年後に届くという事もあるみたいですので、忘れた頃に来るなんて事もあるかもしれません。

相続税お尋ねは間違って捨ててしまったりする事がない様にしないといけませんね。保管をする書類ではなく、記入して返信しないといけない書類になりますので、取扱いは丁寧に行う様にしたいですね。

また、他の相続人にもこの書類が届いた事を伝えたいですね。

相続税と相続相談を扱う弁護士や司法書士

中には相続や相続税の方法が知りたいという事で、弁護士や司法書士などの法律家の所に来る事もありますが、弁護士や司法書士は相続税の手続きを行う事はできないので、やはり税理士というその分野のプロにお願いする様にしたいですね。

しかし、相続税については扱えなくても、遺産相続相談について司法書士や弁護士はおおいに力を発揮する事もあります。

遺産相続もしくは相続税については、弁護士や税理士、または司法書士など得意分野が違います。

まず自分が相談したい相続税などの内容を明確にします。そして、その相談内容であれば、弁護士でいいのか司法書士なのか税理士でいいのか確かめる様にしたいですね。そして、ようやく法律事務所探しに取り掛かる事で、ふさわしい事務所を見つける事ができるでしょう。