作者別: isan

争いになる前に司法書士に相談する遺言書作成

家族の間で壊れてしまった関係を修復するというのは簡単な事ではないでしょう。

相続に関する問題は、すでに争いになってしまってから司法書士に相談するのではなく、相続について何も問題が発生していない間から司法書士に依頼して遺言書作成しておく事をおすすめします。

生きているとどんな事があるか分かりませんので、高齢になってから相続問題に取り掛かろうとするのではなく、遺言書作成などは時間がある時に早めに取り掛かっておく方がいいでしょう。

何もない間は、お金がかかるという事や時間がない、手間がかかるなどという理由でつい後回しにしてしまう事もあるかと思います。後になって後悔しないよう早めに司法書士に相談し、遺言書作成をするなどして取り掛かってみてはどうでしょうか。

人によっては時間がなく、とにかく少しでも早く司法書士を話したいという人もいるでしょう。たとえ、祝日が続く大型連休の最中や、もしくは夜間であったとしても、電話であれば対応してくれる所もある様です。

また、早期の法律相談が必要だと思っても、相談先としてふさわしいと思われる司法書士を見つける事をしないといけませんね。

早く着手する事は大事ですが、過度な焦りは逆効果となる事もあります。借金相談や相続の遺言書作成など司法書士が必要だという人の中には、とても困っている人もいると思いますが、落ち着いて対応したいですね。

いい司法書士にたどり着く事さえできれば、司法書士が着々と問題に対して対処してくれる事だろうと思います。

指定された書式で遺言書作成

遺言書作成は自分ひとりで進めるよりも、信頼出来るプロの方と二人三脚で進めたいものです。

法律に関する知識がない一市民が、遺言書作成を進めると、指定された書式になりません。指定通りのフォーマットでなければ、いわゆる法的な効果が発生しません。

せっかく相続について、厳密な計画を立て、それを書面に記しても法的な効拘束力がなければ、円滑な遺産相続がなされませんので、遺言書作成のいろはを弁護士や司法書士などにコーチングしてもらいながら、一から作業を進めましょう。

作成の後、その書類を封筒ごと預かってくれるサービスもありますので、信頼出来る第三者にお任せすれば、より客観的な財産分与が出来ます。

遺言書作成時の付記すべき事項

遺言には自筆証書遺言という種類のものがあります。公正なものに比べ費用がほとんどかからない、証人が不要なのでいつでもどこでも作成可能であるといった特徴があります。また、作り直すことも容易です。

遺言者は、その遺言の全文、作成の日付、氏名を自分で書きます。さらにこれに実印を押印すれば遺言を残すことが出来ます。

遺言書作成後に字句を訂正したいときや加除する場合は、その場所を指示し、これを変更した旨を付記する必要があります。訂正の事実を明確にしたうえで、その変更の場所に署名捺印するなどしなければ、遺言としての効力が認められません。

残された家族がすべき相続手続き

自分がいなくなった時に、残された家族が相続手続きをしないといけませんが、相続について話し合う段階において、意見が一致しなかったりする事もある様です。家族が相続の手続きで大変な事にならない様にするためにも、遺言書を作成しておき、家族の負担を減らしたいですね。

自分の遺産のために家族が顔も合わせられないほど、険悪なムードになるのは悲しいですね。きちんと相続するための遺言書作成をしておき、法的に効果を発揮する物であるか確認をしたいですね。

相続手続きをすべて家族に任せるのではなく、手続きが楽にできる様に生前に対処しておきたいですね。今きちんとしておくと、家族は手続きを楽に済ませる事ができるでしょう。

相続手続きは少額でもチェック

少額の遺産だから相続手続きはしなくても大丈夫だと、自分勝手な判断をしないで、一旦はチェックしてみることが大切です。後からわかると追徴だけでなく、延滞税も納めなくてはならないからです。

まずは、故人名義の財産総額を計算して、相続税の対象となるかどうかの確認です。基本的には3000万円と、相続人一人当たり600万円で算出し、総合した金額が財産よりも下であれば大丈夫です。ギリギリか少しオーバーするときは、税務署に出向いてマニュアルいただくといいでしょう。

たとえば土地の金額は、路線価で評価しますし、形状が正方形か長方形でなければ評価が下がります。いずれにしても、相続手続きは少額でもチェックすることをおすすめします。

相続手続き完了までの日数はケースバイケース

一口に相続手続きと言っても様々ですから、その完了までの日数がどのくらいかかるかといことは、ケースバイケースということになります。
銀行の預貯金の相続完了ということであれば、1週間から2週間くらいで済みますが、これとて相続人が複雑に絡み合っている場合は、権利の確認などで結構な月日が必要になります。
不動産の登記までとなると、さらに2週間ぐらい見ておく必要があるでしょう。
いずれにしても、スタートは相続人の特定ということになるので、戸籍謄本など事実を確認できる書類を持参して、銀行や司法書士に相談することが早道となります。

書き方を知りたい相続税お尋ね

手元に相続税お尋ねが届いたという人の中には、この様な書類を記載した事がないので、書き方を知りたいという人も多いかもしれませんね。相続税お尋ねについて書き方を知りたい場合には、税理士に聞くというのが早いかと思います。
また、相続税お尋ねが手元にあるという人は、それなりに相続の金額が多いという事が考えられますので、納税の手続きをしないといけない事もあります。相続税お尋ねが届いたら、申告がきちんとできているかどうか確認する様にしたいですね。また、相続税お尋ねが届いてからではなく、相続をする際にも、きちんと納税の事を頭に入れつつすべての手続きを正確に済ませておくのが理想的でしょう。

相続税お尋ねは忘れた頃に来る

相続の手続きも無事に終わったし、何も心配する事はないと思っている矢先に相続税お尋ねが届けられているという事もあるみたいです。

相続税お尋ねは納税をしなくていい人の家に届く事もありますが、もし相続税お尋ねが届いているのを発見した時には要注意ですね。相続税お尋ねは数年後に届くという事もあるみたいですので、忘れた頃に来るなんて事もあるかもしれません。

相続税お尋ねは間違って捨ててしまったりする事がない様にしないといけませんね。保管をする書類ではなく、記入して返信しないといけない書類になりますので、取扱いは丁寧に行う様にしたいですね。

また、他の相続人にもこの書類が届いた事を伝えたいですね。

相続税と相続相談を扱う弁護士や司法書士

中には相続や相続税の方法が知りたいという事で、弁護士や司法書士などの法律家の所に来る事もありますが、弁護士や司法書士は相続税の手続きを行う事はできないので、やはり税理士というその分野のプロにお願いする様にしたいですね。

しかし、相続税については扱えなくても、遺産相続相談について司法書士や弁護士はおおいに力を発揮する事もあります。

遺産相続もしくは相続税については、弁護士や税理士、または司法書士など得意分野が違います。

まず自分が相談したい相続税などの内容を明確にします。そして、その相談内容であれば、弁護士でいいのか司法書士なのか税理士でいいのか確かめる様にしたいですね。そして、ようやく法律事務所探しに取り掛かる事で、ふさわしい事務所を見つける事ができるでしょう。

遺産相続を分割する手続き

すべての相続人が頻繁に連絡を取っている状態であれば、遺産相続を分割する手続きがやりやすいという事が考えられます。しかしながら、何十年も連絡を取っていない家族がいるなどという場合には、遺産相続を分割する手続きは難しくなる事も考えられます。

連絡が取れないからと言って、その人なしで勝手に遺産相続を分割する手続きをしてしまうと、後に大きな問題に発展してしまう事も多いに考えられます。

遺産相続を分割する手続きは自分たちの勘で、これでいいだろうと決定してしまわい事です。遺産相続を分割する手続きをきちんとしようと思うと、弁護士などの法律家に頼んで進めてもらうとやりやすいと思います。

紛らわしい相続は司法書士へ

常にシンプルなケースだけではない相続は、非常に複雑であったり、紛らわしい場合もあります。ですので、紛らわしい相続は司法書士に相談してお手伝いしてもらう様にしたいですね。

相続において、困難な状況になっている問題でも司法書士が実力を発揮する事で、解決に導くケースもあります。

相続が無事にできる自信がない場合、家族と上手くいっていないなどという事があれば、司法書士に助言をもらうのもいいでしょう。自分から家族に相続の話をするのと、司法書士が家族に話をするのとでは、異なる事もあると思います。

困った時の司法書士ですので、気になっている事があれば、どうしたらいいのかアドバイスをもらいたいですね。

相続税についてのお尋ねについて相談

家族が死んだ後というのは、気持ちも落ち込み辛く感じる事でしょう。
相続税についてのお尋ねと書かれた紙が届けられる事もあり、書類に書かれている期限までに提出しないといけません。

しかし、相続税についてのお尋ねを書いて提出してから、新たに遺産が見つかったら困惑する事もあると思います。

また、相続税についてのお尋ねが来ている事に気が付かず期限に遅れてしまったら、などいろんな疑問が出てくる事もあるでしょう。相続税についてのお尋ねについて困った事が出てきた時には、法律家に打ち明けてみると、いい解決方法を助言してくれる事でしょう。

相続税についてのお尋ねについて不明点があるからと、そのままにしていると期限が過ぎてしまいますので、早い対応が求められるでしょう。

遺産相続の手続きに休日を活用

平日は仕事をしているので、休日しか遺産相続の手続きに使えないという事もあるでしょう。

弁護士事務所に行って遺産相続の手続きをお願いする場合でも、休日に営業を行っている事もあります。ですので、休日に営業を行っている弁護士に遺産相続の手続きのお願いをするといいでしょう。

弁護士事務所については営業の曜日だけでなく、営業時間の確認も必要になると思われます。

夜遅くまで営業していると、平日に遺産相続の手続きについて相談できる事もあるでしょう。

また、遺産相続の手続きを得意としている弁護士で、自分達が暮らす地域を対象としている所を見つけないといけませんね。そうなると、数が限られてくる事もあるかもしれませんね。

弁護士に遺言書作成を依頼するメリット

もちろん自分で遺言書作成をする事も可能ですが、弁護士に遺言書作成を依頼した方が、メリットが多いケースもあるでしょう。まず弁護士に遺言書作成を依頼すると、弁護士に必要な事を伝えると後の作業を行ってくれます。

また、弁護士が遺言書作成を行うと、法的知識が十分にありますので、万が一トラブルになりそうになった際にも、法的に有効な物を作成する事ができます。弁護士に遺言書作成を依頼すると楽だという事が考えられます。自分で法律の事を調べながら行っていては、時間がかかりすぎてしまう事もあり、法的に効果がある物であるかどうかという事のチェックを自分で行う事ができない、という問題が考えられます。

少額と思われる相続についても相談

遺産となるお金がたくさんある場合には、かなり慎重に相続手続きを進めている事が多く、もちろん司法書士や弁護士などの専門家に相談しながら、丁寧に進めているという人も多いみたいですね。しかしながら、大金ではなく少額だと思われる相続についても、揉める場合には揉めてしまう事もあるそうですので、念のために、司法書士や弁護士などの専門家に相談に乗ってもらいながら行っておく方がいいかもしれません。

相続で一度問題が発生すると、後で専門家に相談しても、なかなか元通りにするという事も難しいと思います。ですので、相続関連のトラブルを回避するには、問題が発生する前に司法書士や弁護士などの専門家に相談して力を借りる事ではないでしょうか。少額と思われる相続についても相談したいですね。

相続税の相談

相続税はまずは税理士に相談しましょう。

うまくやってということを考えすぎるとしばらくして追徴されたりしますので、詳しいことは税理士に任せるのがかたいでしょう。

また、相続税は亡くなったあとよりもその前から相談しておくほうがいいかもしれません。そうしないと後から修正申告をしなくなったりします。

将来の相続に向けて司法書士を頼る

現在は相続の事なんてピンとこないという人であっても、将来は子孫たちが相続の事で頭を抱えるという事も出てくるかもしれませんね。

その様な事がない様にするためにも、早期に相続に着手して司法書士に相談する事もできます。

相続の対策として司法書士に依頼し、遺言書の作成を代行してもらうといいでしょう。

司法書士は相続の法律を把握していますので、ポイントをおさえつつ業務を行ってくれる事でしょう。司法書士に対して自由に質問する事もできます。困った時に頼りになるのが司法書士です。余裕を持って早く対処しておくと、後は安心して暮らす事ができると思います。

まだ先の事だし後でいいかと考えるのではなく、早期対応を目指したいですね。

相続に強い司法書士を見つける

今という時代は人のコネがなくても、昔の様に相続に強い司法書士を見つけるのに苦労する事もないかと思います。司法書士の多くがホームページで相続など取り扱っている仕事内容や、法律家の紹介などを行っています。

もちろん相続の事で相談するための司法書士の連絡先なども掲載しています。ですので、ネットに接続すると、相続に強い司法書士を見つけるのはさほど難しい事ではないかもしれませんね。

検索欄に相続、そして司法書士と入力する人もいますが、なるべく地域名も追加して検索した方がいいかと思います。自分が希望する地域の法律家を探す際にこのような検索方法の方が、素早く法律事務所を見つけることができるのではないでしょうか。HPの内容をよく読んで決定したいですね。